なぜ頭痛に苦しむ女性が多いのか

頭痛に悩む女性はとても多いですが、その頭痛の原因が何にあるかというのを、きちんと分かっている方は少ないのではないでしょうか。

いまや15歳以上の日本人の3人に1人が頭痛持ちだといわれており、頭痛のつらさから生活に支障がでてしまうことも少なくありません。
仕事や家事、育児にも影響が出る、イヤな頭痛の種類や治療法についてまとめてみました。

偏頭痛

偏頭痛とは、頭の片側など不特定な場所に痛みのでる発作性の頭痛です。
偏頭痛の原因は脳の血管の急激な拡張で神経が刺激され、血管内に炎症物質が発症することで起こります。

血管が拡張する原因にはさまざまなことが考えられますが、心身のストレスが解放された時に拡張しやすいため、仕事などで大きなストレスを抱えている人が、休みの日にホッとしたら偏頭痛が起こる、ということも多いようです。

生理時の女性ホルモンの分泌でも血管は拡張しますので、生理が原因で偏頭痛を引き起こすことがあります。
ほかにも、光や音の刺激、疲労、寝不足なども偏頭痛の原因になりますから注意が必要です。

偏頭痛は血管の拡張が原因ですので、身体を温めると痛みがひどくなることがあります。
静かな場所で横になり、痛みのある所に濡れタオルを当てて冷やすことで痛みを和らげましょう。

カフェインには血管を収縮させる働きがあるので、適量のコーヒーや紅茶を飲んでみるのも効果的です。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は、肩や首、こめかみ周辺の筋肉が緊張することで起きる頭痛です。
筋肉が緊張すると血流が悪くなり、筋肉の中に老廃物がたまりやすくなります。
そうなると、周囲の神経を圧迫するため痛みがでてしまうのです。

デスクワークなどで慢性的に肩がこっている人や、心身のストレスで緊張した時間を過ごすことが多い人に発症することが多いです。
緊張型頭痛を予防するには、なるべく同じ姿勢でいないように気をつけます。
首を左右に倒したり肩をまわしたりとストレッチを習慣づけることも効果的です。

痛みが出ている時には蒸しタオルなどで肩や首まわりを温めて筋肉のコリをとってあげると効果的です。
血行が良くなれば筋肉の緊張も緩和さて、頭痛を和らげることが出来ます。

群発性頭痛

群発性頭痛は比較的男性に多い頭痛ですが、女性でも発症することがあります。

目の後ろを通っている内頸動脈という太い血管が拡張して炎症するために、目の奥をえぐられるような激しい頭痛が起きます。
痛みは長い時には2時間くらい、継続的に続くことも特徴です。

また、群発性頭痛が一度起こってしまうと、1~2カ月にわたって痛みが繰り返しおそってくる場合もありますから、ガマンせずに早目に病院を受診することが大切です。

病気が原因になっている ちょっと心配な頭痛

偏頭痛や緊張型頭痛、群発性頭痛は、何か明確な病気にかかっているわけではなく、さまざまな影響によって引き起こされる頭痛です。

痛みのひどい時や長く続く時には病院で診察を受けた方が安心ですが、自宅で頭痛薬を飲んで様子を見られる方も多いと思います。

しかし、頭痛の中には元々患っている病気が原因となって痛みを引き起こしている場合もあります。
病気が原因で頭痛が起こっている時には、元となっている病気の治療を早目に開始することが大切です。

頭痛が起こる原因になる病気には、「くも膜下出血」や「脳腫瘍」など、命に関わる重い病気もあります。いつもの頭痛より違う気になる痛みを感じた時は、一度専門医に診察を受けることがおすすめです。

>> 長年の偏頭痛を解決してくれた【ずきしらずの実】とは!? <<

PAGE TOP ↑
<