生理前後に頭痛がするのはどうして?

周期的によく起こる頭痛に対して「自分は頭痛もちだわ」なんて、勝手に納得していませんか?
一定の周期で繰り返し頭痛が起きているなら、それは生理が原因の偏頭痛かも知れません。

生理前後に頭痛が起きる原因をまとめてみました。

女性の約6割が生理前後の頭痛に悩んでいる

毎月の生理の時に頭痛がひどくなると感じている女性は実はとても多いです。

生理の時の頭痛薬「バファリンルナ」を販売しているライオンが行った頭痛に関するアンケート調査では、生理前後に頭痛になることが多いと感じている女性が約6割にのぼりました。

しかし、生理と頭痛になにかの因果関係があると考えている人は少なく、生理で調子が悪いから頭痛も起きてしまう、という風に考ている方が多いようです。

偏頭痛も生理痛だった?

頭痛の専門医によると、生理前後に起きる頭痛は女性ホルモンの分泌の影響で起きる「偏頭痛」であり、生理周期に関連する女性の身体の不調のひとつと考えられています。

女性の身体は月経から次の月経までの生理周期の中で、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンの分泌をさかんに行っています。

このエストロゲンという卵胞ホルモンは卵巣での排卵に関わっている物質ですが、排卵前に分泌がピークとなり、生理前になると減少します。
エストロゲンが減少することで脳内物質のセロトニンも減少してしまうため、脳の血管が拡張しやすくなって頭痛を引き起こしてしまうのです。

生理の頭痛と普通の頭痛の違いとは

生理の頭痛の痛みの特徴は、身体の中の拍動に合わせて、ズキンズキンと脈打つような痛みがあります。
音や光などの刺激がつらくなり目の奥がチカチカして、食欲がなくなってしまう女性も少なくありません。

また、生理の頭痛は吐き気を併発することも多く、目がチカチカすると感じる方もいるようです。
身体や眼球を動かすと痛みがひどくなったりめまいを起こすこともあるので、生理の頭痛がひどい時には静かに寝ていた方が安全で良いかも知れません。

生理の頭痛は、血管拡張が原因となる「偏頭痛」と筋肉の緊張が原因となる「緊張型頭痛」の2つの頭痛が合わさったような症状があるというのが特徴で、頭痛と並行して身体の重さやだるさなどの強い疲労感を感じる女性も多いです。

生理の時の頭痛は一時的なものだけど…

生理が原因での体調不良は一過性のものですので、また生理が終わって落ち着けば体調も良くなることが多いですよね。

生理の頭痛についても、安静にして様子を見ているうちに痛みがひいてラクになったという女性も多いと思います。
しかし、あまりに痛みに慣れすぎて放っておいてしまうのも考えものです。

偏頭痛は、日を追うごとに痛みが段階的に強くなると感じる女性も多く、ある日突然これまで効いていた頭痛薬がまったく効かなくなったと焦る方も実はとても多いのです。

毎月のように、生理前後に頭痛が起こっているなと気付いたら、それは生理の偏頭痛かもしれません。
生理の偏頭痛には、周期に合わせてタイミングを計って、頭痛を緩和させる方法をあらかじめ用意しておくというのもおすすめです。

にがりの頭痛抑制の効果

偏頭痛の痛みを軽減する方法はまだあります。それは「マグネシウム」をいつもより多めに摂取すること。

片頭痛が起きた時の血中マグネシウム濃度は、通常の半分以下になっているんです。

1日400㎎のマグネシウム摂取で、偏頭痛の症状が緩和すると言われています。薬だけでなく、食生活にも目を向けて、生理後の偏頭痛を少しでも改善してくださいね。

「にがり(塩化マグネシウム)」成分が摂取できる、「ずきしらずの実」という偏頭痛サプリメントがおすすめです。

>> 長年の偏頭痛を解決してくれた【ずきしらずの実】とは!? <<

PAGE TOP ↑
<