生理前後の頭痛と吐き気が辛すぎる時には

生理前後の頭痛はめまいや吐き気を伴うことも多く、つらい症状に悩まされている女性はたくさんいます。
ひどい頭痛をガマンして、無理をして仕事や家事を頑張っている方も多いのではないでしょうか。

でも頭痛と吐き気があまりにもひどい時もありますよね。そんな時の対処法をまとめてみました。

生理前後に頭痛と吐き気がひどくなる原因は?

生理前後の頭痛は、基本的には普通の偏頭痛と症状が似ていますが、普通の偏頭痛より症状が強く出てしまうことが多いです。

普段の頭痛なら鎮痛薬を飲めばなんとか生活できるという方でも、生理前後の頭痛は辛すぎて嘔吐を繰り返してしまうこともあるようです。
生理前後の頭痛では目を開けていることもつらく、約4日間の生理の頭痛が起きる期間は仕事を休んで寝込んでいるという女性も少なくありません。

生理の頭痛に対処するには

生理前後の頭痛は偏頭痛ですから、対処法はまずゆっくり安静にすることです。

脈打つ痛みがある時には濡れタオルなどを頭に当ててみても効果的です。
アイスノンなどで急激に冷やしてしまうと、刺激が強すぎて痛みがひどくなる場合もあります。目がチカチカする時は目を閉じて、静かにしておくのが一番です。

市販の鎮痛薬を使ってみても良いですが1度飲んでみて効き目がない時には、繰り返し飲むのはやめておきましょう。

あまりにもつらい時には病院へ

生理前後の頭痛の痛みや吐き気があまりにもひどい場合は、脳内になんらかの病気が隠れているかも知れません。
一般的に偏頭痛は吐き気を伴うことが多いですが、脳内出血などの初期症状でも吐き気を伴う頭痛がありますから注意しなくてはいけません。

生理前後の頭痛に処方されるトリプタン系の鎮痛薬

ひどい偏頭痛で病院に行くと、まず脳内の血管に異常がないかを調べることになります。
MRIなどの専門的な検査をうけることもありますが、医師の診察で終わることも多いです。

脳の血管に問題がないということが確認されたら、痛みを取り除く鎮痛薬が処方されます。軽い頭痛ならアセトアミノフェンなどの鎮痛薬が使われますが、痛みがひどく吐き気もある時にはトリプタン系の鎮痛薬が使われることになります。

トリプタン系の鎮痛薬は偏頭痛にひろく使用されていて、錠剤の飲み薬に点鼻薬などがあります。
従来の頭痛薬に比べて浸透性が高く、痛みへの即効性が高いのが特徴です。

効き目が強い分、副作用もやや出やすいというのがデメリットになっています。

自然由来の偏頭痛サプリメントをうまく利用する

生理前後だけの偏頭痛…。
一時の事とはいえ、あまりの痛みの強さに仕事や育児などが辛すぎます。

その場合には自然由来のサプリメントを生活に取り入れて自分の体をコントロールするのも一つの手です。

にがりの頭痛抑制の効果

偏頭痛の痛みを軽減する方法はまだあります。それは「マグネシウム」をいつもより多めに摂取すること。

片頭痛が起きた時の血中マグネシウム濃度は、通常の半分以下になっているんです。

1日400㎎のマグネシウム摂取で、偏頭痛の症状が緩和すると言われています。薬だけでなく、食生活にも目を向けて、生理後の偏頭痛を少しでも改善してくださいね。

「にがり(塩化マグネシウム)」成分が摂取できる、「ずきしらずの実」という偏頭痛サプリメントがおすすめです。

>> 長年の偏頭痛を解決してくれた【ずきしらずの実】とは!? <<

PAGE TOP ↑
<