生理前の偏頭痛

生理前の偏頭痛は多くの女性が悩んでいます。なぜ生理前に起こりやすいのか、それは女性ホルモンやストレスが関係しているからなのです。

PMSという言葉をご存知でしょうか?PMSは月経前症候群と呼ばれ、女性の半数以上が経験している女性特有の症状なんです。このPMSになると偏頭痛や吐き気、集中力の低下、下痢、便秘など様々な症状を引き起こします。生理前に必ず偏頭痛になるという方はPMSになっている可能性があるかもしれません。

生理に関する痛みは生理中に起こるのでは?と思う方も多いと思いますが、PMS(月経前症候群)という症状があるように生理前に体が不調になるケースは少なくありません。生理前の偏頭痛にはちょっとした特徴があり、「持続する時間が長い」「ズキズキする痛みが強い」「頻繁に起こる」など普段の偏頭痛よりも辛い傾向にあります。

痛みが強く、頻繁に起こりやすくなるためこの時期はイライラしやすいです。人や物にあたったり、仕事や家事が手に付かなくなるなど日常生活に影響することもあるので、生理前の偏頭痛は特に気をつけなければいけません。対処法をご紹介しましょう!

〜偏頭痛の対処法〜

生理前の偏頭痛は普通の偏頭痛と基本的な部分は変わりません。ただし、重症になりやすいので対処法を知っておくに越したことはないのです。

痛くなる前に薬を飲む

頭痛持ちの方なら当たり前のように対処していると思いますが、偏頭痛は鎮痛剤や市販薬を飲んでも効かないことがほとんどです。
なんとなくでも良いですので、痛くなりそうだなぁと思ったら偏頭痛専用の頭痛薬を服用するようにしましょう。

生理前の偏頭痛は市販の薬が効きにくいので専門クリニックなどで処方してもらうか、偏頭痛対策用サプリメントなどで対処するようにしましょう。

ズキズキする部分を冷やす

温めると勘違いしている方も多いのですが偏頭痛の場合、冷やすのが正解です。
偏頭痛は血管の拡張により引き起こされるので温めてさらに血流を良くしてしまっては逆効果になってしまいます。

冷やしたタオルや氷嚢を痛む箇所に軽く当て、痛みが和らぐまで安静にしていましょう。

静かな部屋でリラックスする

これは上の対処法(冷やす)と一緒に行うとより効果があります。寝室などTVのない静かな部屋でリラックスします。
日中の場合はカーテンなどを閉め、薄暗い状態にしましょう。

太陽の光や蛍光灯の光は偏頭痛中には悪い刺激になってしまいます。TVを消すのはもちろんですし、スマートフォンやパソコンも止めましょう。

>> 長年の偏頭痛を解決してくれた【ずきしらずの実】とは!? <<

PAGE TOP ↑
<