頭痛はおさまってもマクサルトの副作用が辛すぎる

私は長い間頭痛に悩まされてきました。

いつも、頭痛が起きるとロキソニンやバファリンやイブなどの市販の鎮痛剤を飲んでごまかしごまかし生きてきました。

しかし、だんだんと市販薬を飲んでも効かなくなってゆき、頭痛がやってくるのが怖い、辛すぎる、と恐怖する日々。

月に何度も訪れる激しい頭痛発作、吐き気(実際吐いてしまう)を抱えながら仕事を続けること、育児を続ける事が困難になっていき脳神経外科を受診しました。

診断は「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の混合との診断でした。

いただいた薬は「ロキソニン」と「首や肩の緊張をほぐし血行を良くする薬」そして、偏頭痛の予兆(ギラギラした光が見える)が始まり痛みが出て来た頃に服用する「マクサルト」でした。

マクサルトは効く事もある。でも今度は副作用が辛い…

マクサルトはトリプタン系薬剤です。
偏頭痛治療薬として有名です。

偏頭痛の原因は「血管の急な拡張」。

脳の血管が拡張して血管の周囲の三叉神経が刺激を受けると痛みのもとである「痛みの原因となる物質(神経ペプチド)」が発生します。

この物質が血管の周りに炎症を起こし、その刺激でさらに血管は拡張し三叉神経への刺激を増し、大脳へと刺激が伝わり痛みを感じます(頭痛発作)。

トリプタン系薬剤と市販の頭痛薬との違い

ロキソニンなどの鎮痛剤・市販の痛み止めはあくまでも消炎鎮痛剤ですが、トリプタン系の薬は血管と三叉神経の両方に作用する薬です。

頭痛を引き起こしている拡張した脳の血管に作用し、三叉神経からの神経ペプチド(痛み物質)の放出を抑えます。

さらに刺激が大脳に伝わる事をブロックすることで、偏頭痛時の痛み、吐き気、嘔吐、光や音の刺激への過敏症等の症状も抑えるという薬です。

マクサルトの他に偏頭痛用トリプタン系薬剤としてはイミグランゾーミックレルパックスなどがあります。

マクサルトは偏頭痛に効いたのか

私の場合、マクサルトが効くか効かないかは半々でした。

マクサルトは頭痛の前兆があった時に飲むのではなく、痛みが始まった最初の頃に飲むようにお医者さんから指導されました。

トリプタン製剤

服用タイミングが上記の用に定められているからか、上手く飲めば頭痛そのものは1時間程で気がつけばなくなります。

その変わり、とにかく体がだるく生あくびが出ました。

首から肩にかけて重いような怠いような痛みを感じ、仕事をしていても辛いほどでした。

そこに眠気がプラスされて、せっかくあの地獄の痛みから解放されてもだるくてだるくてどうしようもありません。

仕事や育児をこなすのも辛いほどで、頭痛からは解放されても別の苦しみが待っていたという結果でした。

マクサルトの副作用

マクサルトの副作用は、動悸、めまい、吐き気、眠気、倦怠感、体の痛みなどがあるそうです。

他、めまいや眠気、胸やノドのつかえ感・圧迫感、肩こり、動悸などがあげられます。

マクサルトの副作用から逃れるためにはじめたこと

頭痛の痛みから解放されても、こんなに怠さが強くては相変わらず日常生活は普通通りには行えません。

偏頭痛用の処方薬でも、すっきりと悩みが解消されないのか。これはいつまで続くのかと思っていた所、偏頭痛に悩む人に人気が高いサプリメントがあるという事でためしてみたのが「ずきしらずの実」でした。

私のずきしらずの実 口コミレビューと効果にも書いていますが私は飲み始めてから2週間くらい経ったころから頭がすっきりしてきた事を実感するようになりました。

月に何度か不定期に訪れていた頭痛と、生理前後(特に生理後)には必ずなっていた激しい頭痛発作も気がつけばなくなっているかちょっと痛いな〜程度に。(ちょっと位ならぜんぜん我慢出来るというか耐えられるレベルです)

自然の成分から出来ているので、マクサルトを飲んだ時のような副作用がないので体も気分も楽になったのが大きな救いでした。

痛みや怠さなどの体の不調を抱え、しかもそれが毎月何度もやってくる。

そんな生活からサヨナラしたかった私にはとても良くあうサプリメントでした。

>> 長年の偏頭痛を解決してくれた【ずきしらずの実】とは!? <<

PAGE TOP ↑
<