どうして生理痛の頭痛には薬が効かないの?

生理前後に起こる偏頭痛は痛みが強く、鎮痛剤を飲んでも効きにくいことがあるといわれています。
どうして生理痛の頭痛は頭痛薬・鎮痛剤が効きづらいのでしょうか?

原因を調べてみました。

生理の時には体調のバランスが崩れてしまう…

女性の生理は、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが分泌されることによってコントロールされています。

この女性ホルモンは卵巣から卵子の排卵を促したり、妊娠に至らなかった子宮を収縮させて不要な血液や脱落した内膜組織などを排出する月経を起したりと、女性の正常な月経サイクルに大切な役割を担っています。

しかし、この女性ホルモンがたくさん分泌されたり減少したりすることは女性の身体にさまざまな影響を与えることになりますから、生理前後には体調が悪くなって風邪をひきやすくなったり、肌トラブルを起こしやすくなったりするのです。

生理の時の頭痛も卵胞ホルモンであるエストロゲンが減少することで引き起こされていますから、普通の頭痛よりもひどくなりやすく、薬も効きにくいという特徴があるのです。

その頭痛、偏頭痛かもしれません

偏頭痛の痛みは「セロトニン」が鍵になっています。

この「セロトニン」生理前後に減少するんです。

生理前になるとエストロゲンという卵胞ホルモンが減少します。

エストロゲンが減少するとセロトニンも減少します。
セロトニンが減少すると血管が拡張されてしまい痛みが出てきてしまうので、生理時に偏頭痛になってしまいます。

ロキソニンなどの鎮痛剤・市販の痛み止めは消炎鎮痛剤なので、脳内の血管を収縮させる効果はないのです。

生理時の頭痛に薬が効かない・効き目が悪いのはこのせいかもしれません。

頭痛がひどくなる前に痛みを抑える方法

生理の偏頭痛は、セロトニンという脳の中の物質が女性ホルモンの影響を受けて減少することで、血管が拡張して起こります。

血管拡張型の偏頭痛はズキンズキンと脈打つ痛みが特徴で、悪化すると頭を締めつけられるようなひどい痛みに襲われることもあります。

吐き気やめまいを併発することもあり、立ち上がることが難しいほど体調が悪くなることもあります。
こうした偏頭痛の痛みを上手におさえるためには、できるだけ痛みの出始めに鎮痛剤を服用しておくことが大切です。

そうする事で多少は偏頭痛の痛みがマイルドになる場合があります。

偏頭痛は一度痛みが強くなるとどんどん収まりにくくなってしまいますから、体調が悪くなる前に対処することを心がけてみましょう。

生理前の頭痛をコントロールするには

生理前後の偏頭痛の痛みをコントロールするためには、痛みが強くなる前に鎮痛剤を服用すること、痛む箇所を冷やしてみる・静かな部屋で目をとじ安静にするといった方法があります。

しかし、100%軽減できる訳ではありません。

普段から行える予防法・頭痛コントロールとしては、天然成分だけを使ったサプリメントもありますので利用するのもよいでしょう。

頭痛の元、セロトニンを増やすには

最後に偏頭痛の予防法として「セロトニン」を増やす、という事を頭に入れておいてください。
セロトニンは太陽光を浴びたり、赤身の魚や乳製品を食べる事によって増やすことが可能です。

規則正しく、栄養バランスに気をつけながら生活すれば自然とセロトニンが増え、極端にセロトニンが不足するのを防いでくれます。

そうするためには、自分の生理周期をきちんと把握して、今起きている頭痛が生理の偏頭痛だということを早目に気づくことも大切です。

生理の偏頭痛を引き起こすエストロゲンの減少は生理前に始まりますから、生理の偏頭痛も生理が始まる前に起こることがあるのです。
頭痛が起こった時に落ち着いて対処するためにも、自分の生理周期をカレンダーなどにしるしをつけて把握しておくことがおすすめです。

にがりの頭痛抑制の効果

偏頭痛の痛みを軽減する方法はまだあります。それは「マグネシウム」をいつもより多めに摂取すること。

片頭痛が起きた時の血中マグネシウム濃度は、通常の半分以下になっているんです。

1日400㎎のマグネシウム摂取で、偏頭痛の症状が緩和すると言われています。薬だけでなく、食生活にも目を向けて、生理後の偏頭痛を少しでも改善してくださいね。

「にがり(塩化マグネシウム)」成分が摂取できる、「ずきしらずの実」という偏頭痛サプリメントがおすすめです。

>> 長年の偏頭痛を解決してくれた【ずきしらずの実】とは!? <<

PAGE TOP ↑
<