排卵期の頭痛

生理前後の頭痛の中でも、特に強い痛みが出るのが排卵期です。
どうして排卵期に頭痛がひどくなるのか、どう対処すれば良いのかまとめてみました。

排卵期頭痛とは?

生理前後の頭痛は、血管が拡張することが原因で起きている偏頭痛です。

女性の身体は排卵の影響で女性ホルモンが増えたり減ったりを繰り返しているので、この女性ホルモンの働きが影響することで脳内の血管が拡張し、痛みが発生します。

排卵期頭痛は、この女性ホルモンが影響する頭痛の中でも排卵期と呼ばれる排卵日前後の3日間のあいだに強い痛みがあらわれる偏頭痛です。

女性の身体は排卵をさかいにエストロゲンという卵胞ホルモンが急激に減少します。
この急激な変化に反応して脳内のセロトニンも急激に減ってしまい、結果として血管を拡張させることになってしまうのです。

ホルモンバランスの変化は身体のさまざまな所に影響を与えますから、頭痛以外にも吐き気や全身のだるさ、筋肉のコリなど、色々な不快症状が排卵期頭痛をさらにひどくさせることもあります。

排卵期頭痛を緩和する方法は?

排卵期頭痛を少しでも和らげるためには、まず身体を冷やさないように気をつけることが大切です。
排卵期や生理時は全身の血行が悪くなり、それが頭痛にも繋がってしまいますが、身体を冷えないようにして様々な方法で温めることで血行を良くすることができます。

普段の食事の中でショウガやネギ類などの身体を温める食材を食べるようにして、毎日適度な運動やストレッチで身体を動かすようにしましょう。半身浴で1日1回身体をしっかり温めるというのも効果的です。

ストレスをためないようにする

排卵期頭痛や生理前後の頭痛は、ストレスや疲れがあるとひどくなってしまいます。
ストレスがたまるとセロトニンが増えて頭痛の元になるのです。

ですから、痛みを強くしないためにもストレスがたまらないように、自分なりのリフレッシュ法を見つけておくと良いでしょう。

夜は静かに過ごし、睡眠をしっかりとるようにすることも、疲れやストレスの軽減に効果的です。

女性特有の排卵期のホルモンバランスが影響して起こる頭痛は、エストロゲンの減少が落ち着いたら徐々に治まっていきます。

しかし、いつまでも痛みが残っていたり、生活に支障をきたすほどの頭痛に悩んでいるのであれば毎月の生理の度辛くなってしまいます。

自然派のサプリメントを利用したり頭痛外来に通ってみる方法を選びましょう。

にがりの頭痛抑制の効果

偏頭痛の痛みを軽減する方法はまだあります。それは「マグネシウム」をいつもより多めに摂取すること。

片頭痛が起きた時の血中マグネシウム濃度は、通常の半分以下になっているんです。

1日400㎎のマグネシウム摂取で、偏頭痛の症状が緩和すると言われています。薬だけでなく、食生活にも目を向けて、生理後の偏頭痛を少しでも改善してくださいね。

「にがり(塩化マグネシウム)」成分が摂取できる、「ずきしらずの実」という偏頭痛サプリメントがおすすめです。


>> 長年の偏頭痛を解決してくれた【ずきしらずの実】とは!? <<

PAGE TOP ↑
<