生理不順と偏頭痛の関係

偏頭痛は月経周期やPMS、女性ホルモンが原因で起こる場合があります。
偏頭痛は女性に多いと言われているのは、これらが関係しているからなのかもしれません。

ズキズキする痛みにストレスを抱え、日常生活に支障をきたしている方も多いのではないでしょうか?女性はただでさえ「生理痛」という痛みに悩まされているのに偏頭痛も起こってしまったら、たまったものではありませんよね。

なぜ、偏頭痛と女性ホルモンや月経周期は深く関係しているのでしょうか?

エストロゲンと偏頭痛

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがありますが、エストロゲンが減少すると脳内物質であるセロトニンの分泌量がおかしくなり、脳の血管を拡張させてしまいます。

偏頭痛は脳の血管の急な拡張によって引き起こされると言われているので、エストロゲンが減少する月経前や月経中は偏頭痛が比較的起こりやすくなるのです。
女性ホルモンのバランスが大きく関係しているので、生理不順の方も偏頭痛になる場合があります。

生理不順になると月経周期が安定しないので、いつエストロゲンが減少するか分からなくなり、偏頭痛が起こるタイミングを計れないことがあります。
ただでさえ生理不順でストレスが溜まっているのに、偏頭痛のタイミングが分からないとなるとさらにストレスが溜まってしまいますよね。

生理の時の偏頭痛には市販の鎮痛剤が効きにくい?

いつ来るか分からないから・・・と頭痛薬を常備している女性の方も少なくありません。
しかし、生理の時に起こる偏頭痛には市販の鎮痛剤が効きにくいこともあります。

偏頭痛の痛みの原因は血管の拡張。

頭痛を生理痛の一部だと思い鎮痛剤を飲んで我慢する人も多いですが、偏頭痛には偏頭痛用の薬やサプリメントがあります。
用途にあったものを服用すれば偏頭痛の痛みに悩む必要はなくなります。

偏頭痛の痛みの正体は脳の血管の拡張です。
鎮痛剤や痛み止めが効かないのは炎症が起きている訳ではないからです。

酷い場合だと家事や仕事も手につかなくなってしまう前に早めの対策を。

月経周期を整えるには生活習慣の改善

生理不順の原因は人それぞれで、ストレスやイライラなどちょっとした事でも月経周期が乱れてしまうんです。

夜更かししていませんか?

生活のリズムが狂い、十分な睡眠が取れないと子宮も疲れがとれず生理不順に繋がってしまいます。

運動不足になっていませんか?

運動不足は子宮の運動不足にもなり、子宮が柔軟に動けないと月経周期が乱れてしまいます。

猫背だったり座りっぱなしになっていませんか?

猫背は子宮を圧迫してしまい、座りっぱなしの姿勢は子宮を緊張させる原因になってしまいます。
いつも生理不順だからと諦めるのはまだ早いですよ!

女性ホルモンバランスの乱れは偏頭痛以外にも様々な体の影響を及ぼします。少しでも治したい!という気持ちが改善への第一歩になるのです。

にがりの頭痛抑制の効果

偏頭痛の痛みを軽減する方法はまだあります。それは「マグネシウム」をいつもより多めに摂取すること。

片頭痛が起きた時の血中マグネシウム濃度は、通常の半分以下になっているんです。

1日400㎎のマグネシウム摂取で、偏頭痛の症状が緩和すると言われています。薬だけでなく、食生活にも目を向けて、生理後の偏頭痛を少しでも改善してくださいね。

「にがり(塩化マグネシウム)」成分が摂取できる、「ずきしらずの実」という偏頭痛サプリメントがおすすめです。

>> 長年の偏頭痛を解決してくれた【ずきしらずの実】とは!? <<

PAGE TOP ↑
<